悪性リンパ腫とわかるまで そして治療へ

顎下腺のできものに気づいてからの経過、治療について

インフルエンザ予防接種

10月21日

タイトル通り、インフルエンザの予防接種に行ってきました。

 

マスクに消毒、手洗い励行のおかげで、去年が全く流行しなかったから、今年はやるべきかやらなくてもいいのか悩みましたが、長男が小学生の頃から毎年一緒に受けていて、たまたまタイミングが取れず打てなかった年にインフルエンザに罹ってしまったため、ガン治療中に罹ってしまったらとんでもないことになるのではないかとの不安と戦い、結局打つことにしました。

 

私は打つと必ず2、3日赤く痛く腫れる。でも次男の妊娠中に打った時だけは腫れなかった。

妊娠中の場合は何か注射の違いがあるのでしょうか?

 

昨日も15時に打って、夜には痛くなりもわ〜っと赤くなりだし、今日もまた腫れてる。

今日は左腕を下にしては眠れないな……

f:id:aoi_kasumisou:20211022120117j:image

ウィッグ申し込み

ウィッグの購入を検討し始めたのが今年の夏。

3件の会社の無料試着をさせてもらい検討。

アンべリール

アクアドール

BEAUTY FIT

どちらの会社もネットで調べるとよく出てくる。

今回私がお願いすることにしたのは、BEAUTY FIT。

 

アンベリールとアクアドールの無理試着についてはまた改めてブログに書きたいと思います。

 

なぜBEAUTY FITにしたかというと、好きな髪型で作ってくれるオーダー型のウィッグなのに、お値段や質は他の会社と変わらないこと、しかも、自分の顔の大きさや形のマネキンを作成して、それに合わせて切ってくれるから。

髪質のグレードも3種類あるけど、私が選んだのは一番良いもの。

分け目が自然なことと人工頭皮がきちんとあるので、上からみられても近くで見られてもウィッグだと気付かれにくい。

自然に見えることが一番で、病気をできる限りバレないように過ごしたい。

学校でも幼稚園でもママ友達とどうしても顔を合わせて話をする機会も多いから。

 

BEAUTY FITは試着の時点で、顔の計測器が同梱されており、顔の大きさはもちろんのこと、黒目と黒目の間の幅や鼻の下から顔の下など細かな計測をして顔の大きさ形を再現してしたようなマネキンをつくりそれに合わせて髪を切ってくれる。

f:id:aoi_kasumisou:20211019213939j:image
f:id:aoi_kasumisou:20211019213936j:image

ちなみにここに書かれているサイズは私のものではなく次男のものです。私はこんなに顔はちいさくないです笑

 

私は8月に髪を切ったので、その髪型をお願いすることに。

その時に前後左右後ろの髪型を写真に撮っていたのでオーダーシートとともに画像を送ってみました。

 

するとカットの内容の確認のメールが。

私のカルテのような形で、送った画像を取り込んで細かな注文を一覧にしたものが送られてきました。

例えば私の場合は前髪の分け目の位置を5ミリずらして欲しいとお願いしたところ、その部分にマーカーで書き加えてわかりやすく、前髪の長さや流す角度などもわかりやすく示してくれます。

もみあげや顔まわりのうぶ毛も基本内容として元々ついてくるようです。

カット内容の確認も細かく何度もメールのやりとりをしてくれました。

 

申し込みや入金後10日前後で完成したウィッグの画像がメールで送られてきます。

その際にもまたここをこうして欲しいなど依頼をすれば調整してくれるそうです。

また、自宅に到着後も調整可能とのこと。

 

髪が抜けてしまうのはつらいことだけど、少しでも普段の生活を取り戻せるために活用できるアイテムを少しずつ準備してますが、その中でもかなりの重要アイテムであるウィッグ、いい感じに出来上がるとよいのですが……

コロナワクチン2回目 副反応(ファイザー)

10月5日

昨日打った新型コロナワクチン2回目、昨日はまだ腕が痛いかなぁ?くらいだったから副反応はこれで終わるかも、なんて考えは甘かったみたい。

早々に就寝してしまったからか、夜中は何度か目が覚めた。

4日23時頃   変化なし

5日 

4時頃 なんとなく頭痛いかも。熱36.6℃

5時30分の起床時には、だる〜い感じだけど、気合いで乗り切れそう。

朝食の準備や洗濯を済ませる。

6時30分  だんだん、体が熱くなってきた感じ。熱37.2℃

 

9時30分 37.8℃になったので、カロナール服用。

しかし、その直後に測ったら36.8℃。

体温計の故障?

その後何度測っても37.0℃までしかなく…

カロナール飲んじゃったよぉ。まぁ、頭痛もあったしいっか。

 

カロナールのおかげが、しばらくは熱い感じも薄れて頭痛もなく、調子が良かった。

 

その後も午前午後ともに、身体が熱い感じは続き、うっすら頭痛と時々太ももの付け根あたりがだるく感じられた。

 

カロナールの効果が切れた頃、また身体が熱い感じがしてきて、37℃辺りをウロウロ。

夕方はアイスノンの頭に巻くやつを首の後ろ巻いて次男と外遊び。

 

夕飯食べて、次男とともに20時30分に就寝してしまうことに。

 

翌朝(6日)は、スッキリ。

昨日のような熱さもなく、だるさもなく。

腕がやや痛いかな?くらいで、スッキリしてるのってやっぱり楽だし動ける!!

 

腕の痛みも午後にはすっかり消えて、このブログを書いている今17時の時点ではなんともなし。

 

私の副反応は、色々な方々が書かれているような酷い副反応ほど強いものではありませんでした。

 

しかし、久しぶりにだるさや熱っぽさを感じることとなり、いかに毎日健康でいられることがなんて幸せなことなのかを実感。

 

11月から抗がん剤をするけれど、こんなだるさや熱っぽさではないんだろうなぁ。もっとつらいのだろうなぁ。

帰って来ても動けないかもしれないことに、今から不安であるのでした。

新型コロナワクチン2回目

10月4日

 

まずは1回目の副反応から。

9月13日に1回目を打ち、その日は何となく腕が重いかなぁ?くらい。

1回目のブログにも書きましたが、翌日である14日朝も接種部分が痛むけど、熱なし、倦怠感なし。

日中も触らないで〜っていうレベルまでの痛みはあったものの、それ以外は特に感じられなかった。

そして、14日の夜にはほぼ痛みもなく副反応は終わった感じでした。

 

そして今日、13時から2回目接種してきました。

 

前日からの禁酒、そしてアクエリとかお茶とか水分はなるべくいつもより多めに摂取。

朝からカレーを作り、副反応が出ても2日目まではカレーでしのいでもらえるよう準備。

 

接種3時間後の16時、なんとなくだけど接種部分を触ると痛いかも。でも1回目より痛くない?

 

そして現在21時、痛みはそれほど強くなく、腕も挙げられる。倦怠感も発熱もなし。

今日は次男も寝たし、私もこのまま就寝しちゃお。

夜中に発熱しませんように。このまま副反応が終わりますように。

目からウロコ

9月29日

今日はがんセンターで、治療開始日を決定してきました。

11月第1週目は子どもの都合もあり無理なので、それが終わった次の週からにしてもらいました。

11月10日に外来でCHOP療法、そして15日から2泊3日の入院でリツキシマブを。

2クール目からはR-CHOPをまとめてしていくとのこと。

初日に持っていく薬の処方をしてもらい、入院の手続きをして終了。

 

帰る前に、院内にあるアピアランス支援センターを覗いてみることに。

がんやがん治療による外見の変化がつらい・不安と感じている患者さんの相談に応じてくれる場所、とのこと。

ウィッグは前から色々と検討していたものの、眉毛やまつ毛はどうしたらよいのか悩んでいたので聞いてみることに。

入ってみるとウィッグがズラッと並んだ部屋に明るい感じの女性が。

話を聞いてみると、つけ眉毛やつけまつ毛はほとんどの方がしないのだそう。代わりに、抜ける前にに写真を撮っておくことと普段のメイク道具を変えてみたりメガネを利用すると。

 

それから私が今日聞いた中で1番の収穫は、髪の抜け毛の対策として、三角コーナーとかに使う「水切りストッキングネット」を使うこと。

不織布の帽子(食品工場とかで被るやつ)の高いものを買わなくても100均に売ってるやつでよいし、その方がピッタリしてその上から帽子とか被っても、もたつかずよいのだとか。

ちなみにそこにあったのはセリアのもの。色も黒なのがいい。

これなら惜しみなく取り替えられるかな?

髪の量がある間は不織布の帽子を使って、少なくなってきたら水切りネット使おうかな。

f:id:aoi_kasumisou:20210929152218j:image

 

家の中での帽子などは薄手のネックウォーマーを利用するとよいことや冬はちょっとモコモコした腹巻とシュシュを利用すると、なんちゃってジェラピケ風の帽子になるなど、お金を掛けなくても気分良く快適に過ごせる豆知識的なものを教えていただきました。

それはやってみたら、アップしたいと思います。

これからの治療に向けて少し心が軽くなった気がしました。

まだ治療まで少し時間があるので、調べたりウィッグの準備をしたり、今のうちに子供とたっぷり触れ合っておきたいと思います。

コロナワクチン接種

9月13日

突然予約の取れたコロナワクチン一回目接種。

 

朝からお腹の調子が悪すぎる。

 

たぶんワクチン接種に対する精神的反応だと思う。

あとは実家の父や家のことで色々バタバタしているのでそれもあり…

 

昔からそう。

新しい職場へ初めて行く日など、緊張したり考え過ぎると必ず下痢をする。

今日もきっとそうなんだろうと思う。

それにしても朝から何度トイレに行くのやら…(汚いお話でごめんなさい)

 

そして、お腹壊すとその後しばらくしてから胃や腸がものすごく痛くなる。

横になると一時的におさまるのだけど、立ち上がるとまた痛くなる。

今回もきっとなるはず。

 

さて、本題のワクチン接種。

13時からの枠で打ちました。

お腹が気になったけどいつものことだし、これを逃したら打てなくなるし。

 

打つときは、チクっとする程度。

15分病院で待機して、急に出ると危険な副反応はなかったので帰宅。

なんとなく腕は重たい感じはあったけど。

 

毎年打っているインフルエンザの予防接種では、毎回打ったところが真っ赤に腫れる私。腫れと痛みが2、3日続く。

 

今回もそんな感じになるかな?なんて思ったけど今のところ腫れてはいない。

 

このブログを書いている今、9月14日午前9時。

接種してから20時間経過。

腕は触られたりすれば痛いのと、無理すればあがるけど、上にはあげたくないなぁと思う程度で、熱や頭痛はなし。

 

これから出てくるのだろうか。

 

昨日の夕方から下痢のおかげで胃が痛む。そっちの方がつらいかも。

 

今日は一日、おとなしくしていようと思う。

新型コロナワクチン予約

9月10日

診察から帰宅し、ワクチン接種の優先予約枠はまだあるのか確認してみることに。

 

ワクチン接種の始めの頃には優先予約枠があったけど、今はないとの回答。

それなら仕方ないかぁ〜と思っていたところ、保健師さんがとても丁寧な方で、今から予約が取れるとしたら〜と調べてくれていた。

9月29日なら集団接種の予約が取れますがどうしますか?と。

9月29日は次回の診察日だから無理なんですと話し色々と事情を説明していたら、

今、今キャンセルが出て、13日月曜日に空きましたよ、このまま予約とりますか?と。

正直、自分の中にはまだワクチンやるべき?やらない?と迷いもあり、保健センターにも予約はしばらく取れませんっていう返答を半ば期待していた自分もいて(忙しいのに申し訳ない)…

しかも考える余裕もない3日後だし。

 

保健師さんの優しさはまだ続き、今予約取っておいて、一晩よく考えてキャンセルするなら可能ですよ、と。

迷っている私ではなく、本当に打ちたいと思ってる人が予約取れないのもだし、直前にやめてしまうと迷っている私がキャンセルすることで打ちたい人が打てなかったのも申し訳ないし…

 

色々考え、直前だと直接接種の医療機関へキャンセルの連絡だけど、ネットでキャンセルができる明日まで考えるということで予約をお願いすることに。

一回目が9月13日、二回目が10月4日。

 

予約がいっぱいな中、たまたま保健師さんと電話している最中にキャンセルが出て、それを予約できたということは、打ちなさいと言われているかのよう。

義母も副反応は何もなかったようだし、ご近所さんも腕が少し上がらなかったという程度。

友達はモデルナアームになった人もいたけど、私の住む地域はファイザー社製。

副反応は人それぞれだというので怖いけど、せっかくの機会をいただけたと思い、打とうという気持ちに傾いてきた。