悪性リンパ腫とわかるまで そして治療へ

顎下腺のできものに気づいてからの経過、治療について

初ウィッグの試着へ

7月31日

8月第一週目にはPETと骨髄検査を受ける予定のため、そろそろ抗がん剤治療中の抜け毛への対策を考えていかないといけないと思い、ウィッグの資料をあつめることに。

 

これまでおしゃれ用のウィッグですら触ったこともない私。

ネットで調べて人気があったり気になった会社の資料をお取り寄せ。

 

アンベリール

アクアドール

スヴェンソン

 

ウィッグだと気づかれないものがいいよなぁと思いつつ眺めてみたけど、資料ではみんなウィッグとは気づかない自然な感じ。

 

お値段も安いものは二万円位から、お高いものは三十万ほどのものまで。

既製品やセミオーダー品によっても質や値段も違うみたい。

自宅で試着(無料)ができるものもあるらしい。

髪型も様々。

くせっ毛の私、仕方なくロングしかできないからしているだけで髪型にこだわりもなく。

どうせなら今までできなかった髪型にしてしまおうか?

それくらいの楽しみがあってもいいかな、と。

 

資料みててもいまいちイメージがわかず、それならと家から1番近くにあるスヴェンソンのサロンへ試着相談に行ってみることに。

 

そこはショッピングモールの中にあるところなので個室って感じではないけれど、人目につかないブースへ案内される。

 

アンケートを書いたり話を聞きつつ、いくつかウィッグを試着させてもらうことに。

 

まずは既製品から。

サラサラ感がすごくある。くせっ毛の私の髪質とはかけ離れて手触りも良い。

でも、つむじや分け目の部分に人工皮膚がついておらず黒いので近くでみたらウィッグだとわかるかも。

次はセミオーダーの中でも下のランク。

やはり人工皮膚のないものなので見た目にどうかな?

 

スヴェンソンのウィッグはセミオーダー以上の品質のものにはアフターケアがしっかりされている。抜けていく髪のボリュームに合わせてその都度、微調整を行なってくれたり、ウィッグのお手入れまで。

 

人工皮膚のついているものから上の商品は、つむじや分け目の見た目や髪の質感もより自然。微調整をしてもらえるのならフィット感もきっとかなりいいはず。

しかしお値段との相談になってくる。

私が最終的にこれならいいなと思ったものは定価で約29万円。

抗がん剤治療などの医療サポートで2割引いてくれる。それでも23万円。

 

ん〜…仕事をしていて人と会う機会が多いとか電車に乗るとかならそこまでの金額を出してでも購入してもよいかと思うけど、たまに幼稚園や学校へ行くくらいの外出ならそこまでこだわらなくてもいいのか?

 

初めてウィッグを触って被ってみて、自分の中で髪質や見た目など譲れないものがなんとなくわかって勉強になった。

 

資料を送っていただいたアンベリールとアクアドールの自宅で無料試着のウィッグを頼んでみたので、試着してまた検討したいと思う。